アウター選び「ジャケット」編

秋冬のアウターとして定番中の定番、「ジャケット」編です。
数あるジャケットアイテムの中でまず抑えておくべき基本から確認します。

まず、王道の「テーラード」です。
基本となるこのアイテムは黒を選ぶのが正解です。今季はジャストサイズが基本です。基本ワードローブとして必ずあるべきアイテムです。
次に、ロング丈、とろみ素材などデザインの幅が広がるものは、実は第二の定番ジャケットとなります。
ここに、ベージュやグレーなどカラーを投入することをオススメします。ここまではあくまで「テーラード」の範疇です。

つぎに、「素材感の異なるデザインジャケット」です。
ノーカラーやジャージー素材、ツイードなどが入ります。こちらは季節によって印象が異なるトレンドアイテムです。その中でもカーキ、グレー、ベージュといった、ベーシックカラーのものは基本ワードローブとして常備しておきます。
流行に左右されますが、着こなしの幅が広がるので、もはやおしゃれ大人女子にとっては必須アイテムです。

おしゃれの必須定番アイテムであるジャケットですが、実は活躍できる時期やシーンは意外と限定されます。
暑い時期には当然敬遠されますし、もっと寒くなればコートの登場と共にお役御免となるので、わりと泡沫の存在です。
にも拘わらず、街中のファッションビルでは毎年豊富なアイテムが登場し、店の一番目立つ所に飾られる、おしゃれにとっては欠かせない存在です。
シーンは限定されるものの、合わせるアイテムを選ばない、非常に優秀な着回しアイテムでもあります。
どんなにカジュアルなボトムスと合わせても、一枚羽織ればたちまちきちんとスタイルに格上げしてくれる、間違いなく主役アイテムです。
今季の「リラックス+きちんと」にはピッタリはまる「ジャケット」は、この秋も胸を張って泡沫の主役を味わうことでしょう。